IDC(インストラクター開発コース)とは?

IDC(インストラクター開発コース)の概要画像

IDCとは、Instructor development courseの略で、PADIのダイビングインストラクター開発コースのことです。

PADIコースディレクターの元、アシスタントインストラクター(AI)オープンウォータースクーバインストラクター(OWSI)になるためのトレーニングを受けることができます。

IDCは、最短4日間のAIコースと、最短4日間のOWSIコースの二つを組み合わせたもの(最短7日間)です。プロコースを開催しているショップでのみ受講できます。

IDC参加前条件

条件
年齢 18歳以上
経験 ログブックに最低60回のダイブ記録
※ナイトダイビング、ディープダイビング、アンダーウォーターナビゲーションダイビングを含む
Cカード PADI OW~REDおよびDMの取得者、または他団体でリーダーシップレベルであることが認定されている
他条件 ・認定ダイバーになってから6ヶ月以上が経過していること
・体調に問題がないことを証明する医師の署名入り病歴診断書(12ヶ月以内)
・CPRとファーストエイドのトレーニングを受けていること(24ヶ月以内)
必要日数 最短7日間

コースの内容

コースディレクターによる、PADI規準や講習内容についてのプレゼンテーションを聞き、PADIの目指す所や、プロフェッショナルとしての心構えを学びます。

他には知識開発プレゼンテーション、限定水域プレゼンテーション、オープンウォータープレゼンテーション、レスキューデモンストレーションなどを練習します。主にIE(インストラクター試験)対策です。

IEを受ける場合は、IDCのOWSIコース修了日から1年以内に受けなければなりません。また、IE参加までに100本のダイブ本数が必要となります。

必要日数について

最短7日間となっていますが、ショップや候補生によって異なります。2週間はかかると思ったほうがいいかもしれません。

コース以外にも、個人的にプレゼンテーションを作ったり、スキルの練習をしたり、IEの筆記試験の勉強をしたりする時間が必要になります。

必要教材

オープンウォーター、アドベンチャーインダイビング、レスキュー、ダイブマスターの全てのマニュアル、ガイドトゥティーチング、インストラクターマニュアル、エンサイクロペディア、ナレッジワークブック、オープンウォータークイズ&エグザム、レスキューおよびダイブマスターのファイナルエグザム、各種水中キューカード、スレート類などが必要です。

PADI公式:インストラクター開発コース(IDC)
     AI/OWSIプログラム/IDC 参加者教材

この記事をシェアする

コメントを書き込む

※メールアドレスとURLは任意入力です。メールアドレスは公開されませんが、URLはリンクが貼られます。なお、名前(ニックネーム可)とコメントは必須入力です。スパム対策のため、コメントは管理者の承認作業後に表示されます。

メインメニュー

ダイビングって?

ダイビングを始める

よくある質問

お役立ち情報や豆知識

ページトップへ戻る