パディ・スクーバ・ダイバー(PSD)

スクーバダイバー(Cカード/PSD)の画像

「PADI スクーバ・ダイバー(以下、PSD)」とは、PADIのダイビング・ライセンスの中で最も簡単に取得できる入門編のライセンスです。

ダイビングを始めてみたいけど、1年に2~3回、たまに出来ればいいかなーと思っている方に向けて用意されています。

どんな人が取得するの?

趣味でダイビングを始めてみたい方のうち、簡単に短時間で講習を済ませたい方が対象です。学科テストはなく、1日半あれば取得できます。費用も安く済みます。

条件
年齢 15歳以上
必要日数 最短1日~2日
特記事項 ※「ジュニア・スクーバ・ダイバー」は10歳以上で取得可能
参考:PADIのジュニア・ダイバー認定について

パディスクーバダイバー(PSD)を取得すると出来るようになること

プロダイバーに引率してもらい、水深12mより浅いところでダイビングをすることが出来ます。

パディスクーバダイバー(PSD)を取得しても出来ないこと

PSDはとても簡単に取得できる反面、大きな制限が2つあります。

「プロダイバーの引率なしでダイビングをすること」「水深12mより深く潜ること」です。

1つ目の制限は、日本ではあまり気になりませんが、2つ目の制限はとても大きなものです。

PSDより1つ上級のオープン・ウォーター・ダイバー(OW)ではプロダイバーに引率してもらわずにダイビングをすることが許可されますが、日本ではプロダイバーに引率してもらうことが慣習になっています。

しかし海外で潜る場合には、そのことが障害になりえます。海外では、ダイブ・コースの設定から安全管理まで全て自分たちで行うところもあります。そのような場所で潜りたい場合には、PSDでは物足りませんね。

水深12mまでしか潜れないことはそれ以上に物足りないと感じます。ダイビングで得られる楽しみの多くは水深12mより深いところにあるためです。

まとめ

OWでは水深18mまで潜ることが出来ます。ダイビングを本格的に楽しみたい方はOWを取得しましょう。PSDをすっ飛ばして取ることが出来ますよ。

PSDを取得すると、OW講習の一部を修了したと認められます。「本格的にハマるかどうかまだ分からないよ……」という方はPSDから始めてみると良いと思います。

PADI公式:PADIスクーバ・ダイバー・コース

この記事をシェアする

コメントを書き込む

※メールアドレスとURLは任意入力です。メールアドレスは公開されませんが、URLはリンクが貼られます。なお、名前(ニックネーム可)とコメントは必須入力です。スパム対策のため、コメントは管理者の承認作業後に表示されます。

メインメニュー

ダイビングって?

ダイビングを始める

よくある質問

お役立ち情報や豆知識

ページトップへ戻る