アシスタント・インストラクター(AI)

アシスタントインストラクター(Cカード/AI)の画像

「PADI アシスタント・インストラクターとは、インストラクター開発コース(IDC)というPADIの教育システムにおいて、最初のステップとなるコースです。

IDCとは

アシスタント・インストラクター(AI)とオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)の2部構成に分かれたインストラクター開発コースのこと

コース参加条件として、ダイブマスター(DM)取得後ログブックに60本以上(ナイト、ディープ、ナビゲーション含む)のログが記載されている事、認定ダイバーとなってから6ヶ月が経過している事、18歳以上である事などがあげられます。

認定までにかかる日数は少なくとも4日以上は必要となります。

どんな人が取得するの?

AIコース、OWSIコースという2部構成のインストラクター開発コースですが、両方一緒に取得しOWSIになるというのが一般的です。

しかし、一気に両方取得するには日数が足りない、段階を経てじっくり学びたい、IE(インストラクター試験)のあるOWSIまでは必要無いが、ダイブマスターよりもう1段階ステップアップしたいという方が取得するコースです。

AIコースはPADIの試験官による試験が無いので、比較的気軽に取れる教育ステップの第一歩と言えるでしょう。

条件
年齢 18歳以上
経験 ログブックに最低60回のダイブ記録
※ナイトダイビング、ディープダイビング、アンダーウォーターナビゲーションダイビングを含む
Cカード PADI OW~REDおよびDMの取得者、または他団体でリーダーシップレベルであることが認定されている者
他条件 ・認定ダイバーになってから6ヶ月以上が経過していること
・体調に問題がないことを証明する医師の署名入り病歴診断書(12ヶ月以内)
・CPRとファーストエイドのトレーニングを受けていること(24ヶ月以内)
必要日数 最短4日

アシスタントインストラクター(AI)を取得すると出来るようになること

ダイブマスターが出来る事に加え、インストラクターの元でPADIダイバーコースの知識開発部分、オープン・ウォーター・ダイバー(OW)コースの水面スキルなどが出来るようになります。

また、単独でプロジェクトAWAREスペシャリティーの認定や、体験ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施する事も出来ます。

そして、それぞれのインストラクター・コースを取得すれば、デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー、エマージェンシー・オキシジェン・プロバイダーのコースを実施する事が出来ます。

アシスタントインストラクター(AI)を取得しても出来ないこと

上記を見ても分かるとおり、アシスタント・インストラクターを取得しても教えられるPADIコースは限られていますし、「インストラクターの元で」という条件など、制約も多いのです。

オープンウォーター・ダイバー・コースなど、コースを教えたいと考える場合は、OWSIコースを取得しIEを受け、OWSIインストラクターになる事をお勧めします。

PADI公式:インストラクター開発コース(IDC)

この記事をシェアする

コメントを書き込む

※メールアドレスとURLは任意入力です。メールアドレスは公開されませんが、URLはリンクが貼られます。なお、名前(ニックネーム可)とコメントは必須入力です。スパム対策のため、コメントは管理者の承認作業後に表示されます。

メインメニュー

ダイビングって?

ダイビングを始める

よくある質問

お役立ち情報や豆知識

ページトップへ戻る