マスター・スクーバ・ダイバー(MSD)

マスタースクーバダイバー(Cカード/MSD)の画像

「PADI マスター・スクーバ・ダイバー(以下、MSD)」とは、ダイビングの遊び方をマスターしたアマチュア最高峰のダイバーです。

なんらかの講習やテストがあるわけではなく、経験に対しての表彰のようなものです。ゴールド免許のようなイメージですね。

どんな人が取得するの?

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)と、レスキュー・ダイバー(RED)のどちらも取得し、スペシャリティを5種類以上受講しており、なおかつ50ダイブ以上の経験がある方が認定されます。

MSDを取るとPADIからログバインダーがプレゼントされ、webサイトに名前を載せてもらえますよ!

MSD特典ログバインダーの画像

講習等はありませんが、申請料金として10,000円+税が必要です。

マスタースクーバダイバー(MSD)を取得すると出来るようになること

特にありません!笑

マスタースクーバダイバー(MSD)を取得しても出来ないこと

代金をもらって他のダイバーを引率したり、ダイバーを新しく認定することは出来ません。MSDは、あくまでアマチュアの最高峰ランクであり、プロではないからです。

MSDまで到達した方には、さらなる道が開かれています。

ダイビングの楽しさをたくさんの人に知ってもらいたいと思う方は、プロになってみてはいかがでしょうか。まずは、ダイブマスター(DM)を目指しましょう!

PADI JAPAN ダイビングのプロを目指そう!↓
http://www.padi.co.jp/visitors/pro/go_pro/index.asp

テクニカル・ダイビングという選択も

テクニカル・ダイビングに挑戦すると、これまでと違う世界へ足を踏み入れることができます。

水深40mより深いところ、水中洞窟の探検、減圧停止を伴うダイビング、空気以外の呼吸ガスを用いるダイビングなど、レクリエーショナル・ダイビングの域を超えた未知の世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

PADI JAPAN テクニカル・ダイビング↓
http://www.padi.co.jp/visitors/program/tc_index.asp

また、レクリエーショナル・ダイビングを極めるのもとても良いと思います。世界中の海へ憧れの生き物に会いに行ったり、ホームグラウンドの海で潜り倒してみたり、水中写真を極めたり、運命の人との出会いを信じてみたり笑

ダイビングの楽しみ方って本当に色々ありますね。アマチュア最高峰のランクを手にしたあとは、あなただけのダイビングの楽しみ方を見つけてください!

PADI公式:PADIマスター・スクーバ・ダイバー

この記事をシェアする

コメントを書き込む

※メールアドレスとURLは任意入力です。メールアドレスは公開されませんが、URLはリンクが貼られます。なお、名前(ニックネーム可)とコメントは必須入力です。スパム対策のため、コメントは管理者の承認作業後に表示されます。

メインメニュー

ダイビングって?

ダイビングを始める

よくある質問

お役立ち情報や豆知識

ページトップへ戻る