ダイブマスター(DM)

ダイブマスター(Cカード/DM)の画像

「PADI ダイブマスターDM)」とは、オープン・ウォーター・ダイバー(OW)アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)レスキュー・ダイバー(RED)を取得した後、プロとして活躍する事が出来る最初のステップとなるコースです。

ダイブマスターコースの参加条件は上記OW,AOW,REDに加えて、24ヶ月以内にエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)もしくはそれに順ずるトレーニングを受けている事、ログブックに最低40回のダイビングが完了している事(認定時には60本必要となります)、健康である事を証明する医師のサイン入りの病歴診断書があり、また18歳以上である事などが上げられます。

講習にかかる日数は、候補生によって異なりますが、プロとして活動を考えるのであれば、最低でも1ヶ月以上というのが一般的です。

どんな人が取得するの?

ダイビングインストラクターやダイブガイドなど、ダイビング業界で働くことを目指している人はもちろんですが、趣味の延長、自身のスキルアップの為に取得するという人も多くいます。

プロして働く事が出来るコースなので、認定に必要なタスクをこなす事で、ダイビングの知識、スキル共に格段に上がります。

条件
年齢 18歳以上
経験 ログブックに最低40回のダイブ記録
Cカード PADI AOWおよびRED、またはそれらと同等の他団体Cカード取得者
他条件 ・体調に問題がないことを証明する医師の署名入り病歴診断書(12ヶ月以内)
・EFRまたはそれと同等のプログラム修了者(24ヶ月以内)
EFR同等の修了者を参考
必要日数 1ヶ月~3ヶ月程度
※都市型ショップに通いながら、1年以上かけて取得する人もいます

ダイブマスター(DM)を取得すると出来るようになること

オープンウォーターダイバー以上の認定ダイバーのダイビングガイドや、リフレッシュコース(スクーバリビュー・プログラム)を単独で実施する事が出来るようになり、インストラクターの認定アシスタントとしてコースに参加する事、そして、スキン・ダイバー・コースも実施できます。

また、ディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールまたは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビング(体験ダイビング)を実施できます。

ディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダー

ディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーとは、DM取得後に体験ダイビングのアシスタント講習トレーニングを4回以上行うことで取得することができます。

ダイブマスター(DM)を取得しても出来ないこと

ダイブマスターに出来る仕事はダイビングガイドなど、上記に記載してきたことが主なもので、オープンウォーターなどのコースを実施する為には、ダイビング・インストラクターの資格を取る必要があります。

また、ディスカバー・スクーバ・ダイビングの追加のオープンウォーターダイブの一本目は、ダイブマスターが実施する事は出来ません。

PADI公式:PADIダイブマスター・コース

この記事をシェアする

コメントを書き込む

※メールアドレスとURLは任意入力です。メールアドレスは公開されませんが、URLはリンクが貼られます。なお、名前(ニックネーム可)とコメントは必須入力です。スパム対策のため、コメントは管理者の承認作業後に表示されます。

メインメニュー

ダイビングって?

ダイビングを始める

よくある質問

お役立ち情報や豆知識

ページトップへ戻る