ティーチング・ステータスとは?

ティーチングステータス(PADI GoPRO)

PADIダイブマスター以上のプロフェッショナルメンバーには、各々メンバーシップ・ステータスが与えられます。

ティーチング・ステータスとは、PADIコースを教え、生徒をPADIダイバーとして認定する権限をPADIインストラクターおよびアシスタント・インストラクターに与えるステータスです。

つまり、ティーチング・ステータスでなければ、例えインストラクター試験に合格してもPADIインストラクターとしての活動ができないということになります。

同様に、IDCのAIコースを修了していても、ティーチング・ステータスでなければアシスタント・インストラクターとしての活動はできません。

ティーチング・ステータスを得るための必要条件

1. 所属PADIオフィスでPADIメンバーシップを更新し、年会費を支払う。
これについては自動更新ですので、一度メンバーシップ登録をすると、退会手続きを行わない限り、毎年11月末に自動的に年会費が引き落とされます。

2. PADIメンバーシップ更新同意書/ライセンス同意書に合意する。

3. ダイビング指導の職業賠償責任保険に加入している。
これが最も大事です。年会費を支払っていても、保険に加入しない限りティーチング・ステータスは得られませんので注意しましょう。

保険には、賠償責任保険のみの賠償責任プランと、賠償責任保険に加えて傷害補償、携行品損害、救援者費用などの傷害総合保険がついた、総合プランとがあります。

両方とも中途加入も可能ですので、冬期間活動しない場合などは、活動期のみ加入することもできます。

4. 所属PADIオフィスにより、以下のいずれかが確認されている。

  • 前年にPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターまたはPADIアシスタント・インストラクターになった
  • 前年にティーチング・ステータスで更新した
  • 所属PADIオフィスの規定通りに、ティーチング・ステータスの必要条件を満たしている

ノンティーチング・ステータスとは?

文字通り、ティーチング・ステータスではないメンバーのことです。PADIコースを教え生徒をPADIダイバーとして認定する権限がありません。

ただし、メンバーシップを更新し、年会費を支払っていれば、メンバーとしての特典は受けることができます。

この記事をシェアする

コメントを書き込む

※メールアドレスとURLは任意入力です。メールアドレスは公開されませんが、URLはリンクが貼られます。なお、名前(ニックネーム可)とコメントは必須入力です。スパム対策のため、コメントは管理者の承認作業後に表示されます。

メインメニュー

ダイビングって?

ダイビングを始める

よくある質問

お役立ち情報や豆知識

ページトップへ戻る