メガネやコンタクトレンズをつけたままスキューバダイビングは可能?

眼鏡(メガネ)とコンタクトレンズの画像

目が悪い方にとって眼鏡メガネ)やコンタクトレンズをつけられないことはとっても怖いものですよね。なかったら生活できません。

でも、ダイビングをするときにはマスクをするからメガネやコンタクトはつけられない……

だから、自分にはダイビングはできない……

そう思い込んでいませんか?

目が悪い方でもダイビングはできるんです!

コンタクトレンズをつけたままでもダイビングはできる!(メガネの方はできればコンタクトを買おう!笑)

ダイビングに用いるマスクは、スキー・スノーボード用のゴーグルと似たような形をしています。

ダイビング用マスクのほうが更に大きく、鼻まですっぽり覆うものになっています。顔とマスクとの間に大きな空間がありますが、マスクを固定する留め具は全体がゴムになっているで、顔にぴったり密着して海水が入ることはありません。

よって、流される心配はなく、目にバイキンが入るおそれもないので、コンタクトをしたままでもダイビングができます!!

一方、メガネをしたままダイビングをすることはできません……

スキー・スノーボード用ゴーグルにはメガネをつけたまま装着できるものがありますが、メガネのフレームが邪魔して顔に密着させられないため、ダイビング用のものはありません……

しかし安心してください。普段、メガネをかけている方は1Dayのコンタクトをつけましょう!

いつもは2weekのコンタクトをつけている方も、万が一、流されたときに備えてダイビング用に1 Dayをつけることをオススメします!

水に入る前と出た後、マスクを外しているタイミングでうっかり落としてしまうときがあります。

度付きマスクという選択肢もある!

普段はメガネしかしないからコンタクトは面倒くさい、コンタクトは怖い、目が悪すぎてコンタクトが作れないという方もいらっしゃいますよね。そういう方には、度付きマスクという選択肢もあります。

軽度の近視・遠視の方であれば、商品ラインナップに元々用意されているのですぐに買うことができます。乱視や強度の近視・遠視の方は、オーダーメイドで自分にピッタリ会ったレンズに交換できます。

メガネからマスクにつけ替えるだけでOK!簡単で便利ですね。老眼用、遠近両用のものもあります!

でも、度付きマスクには難点があって、すごく高いんです……

メーカーが元々用意している軽度な矯正のものでも、片眼だけで1万円、両眼揃えると2万円もします……

オーダーメイドがこれより高価なのは言わずもがな、ですね……。失くしたときのショックはさぞや大きいでしょうね……

筆者もとても目が悪く、視力検査の一番上のCが見えません。普段はメガネをかけていてコンタクトはあまり好きではないのですが、度付きマスクを買うお金がないので、ダイビングのときだけ1 Dayのコンタクトをつけています。

困ったことはほとんどありませんよ!たった1日で捨てるものを買うのにこんなに払うなんてもったいないなあ、と思うくらいです!!!笑

みなさんも自分に合った道具をそろえて快適なダイビングライフを送ってくださいね。

この記事をシェアする

コメントを書き込む

※メールアドレスとURLは任意入力です。メールアドレスは公開されませんが、URLはリンクが貼られます。なお、名前(ニックネーム可)とコメントは必須入力です。スパム対策のため、コメントは管理者の承認作業後に表示されます。

メインメニュー

ダイビングって?

ダイビングを始める

よくある質問

お役立ち情報や豆知識

ページトップへ戻る