慶良間の阿嘉島・座間味でダイビング!透明度抜群の海 ケラマブルー

国内のスキューバダイビングと言えば真っ先に思い浮かぶのが沖縄ですが、その中でも沖縄本島から比較的すぐ行ける離島で、かつ世界的にも有名な「慶良間諸島」へ行ってきました。

ケラマブルーと呼ばれるその海は抜群の透明度で、世界が恋する魅惑の海などと紹介されることも多いほどです。

GoProで撮影した動画のキャプチャなので画質が悪いのですが、このような海でした。

ケラマブルーの画像(透明度抜群の海)

私が潜ったのは計6本でしたが、透明度は平均的に30m前後、最も良かったポイントで45mほどありました(!)

四国の海で潜ることの多い私は、いつも平均10m~20mの海で潜っていましたので、この綺麗さには感無量です。

慶良間で潜ったポイント・魚の名前・水中写真

以下、慶良間で潜った6本分のポイントや魚の種類、および写真がある場合は水中写真、なければ動画のキャプチャ画像などをまとめていきます。

※動画メインで撮っているので、写真はほとんど撮っていません・・・最後に動画を埋め込んでいます。

サクバルの隠れ根(1本目/阿嘉島)

初日の午前中に潜った第1本目、これが最も透明度の良かった1本です。

腕の問題もあり写真は微妙なのしか撮れていないのですが、水底で水面を見上げた際に撮った写真を1枚掲載します。深度は15mくらいあったと思いますが、水面がはっきりと見えます。

ダイビングログ
月日 2015年11月上旬
深度 最大16.8m/平均12.2m
気温/水温 28度/25.8度
透視度 45m
見た魚 アマミスズメダイ、キホシスズメダイ、グルクン、ヨスジフエダイ、アカヒメジ、キビナゴ、ハマクマノミ、セジロクマノミ、ハナゴンベ、ナデシコカクレエビ、マダライロウミウシ(ペア)

慶良間ダイビングの水中写真(水底から見た水面)

ウフタマイソバナコース(2本目/阿嘉島)

ここでは人生初のアオウミガメを見ることができました。全く同じ場所に2匹のアオウミガメが固まっていました。

ダイビングログ
月日 2015年11月上旬
深度 最大16.8m/平均12.2m
気温/水温 28度/26度
透視度 30m
見た魚 アオウミガメ、ユカタハタ、スカシテンジクダイ、ハダカハオコゼ(白色とピンク色)、ガーデンイール、ハナミノカサゴの幼魚、ノコギリダイ、キンギョハナダイ

アオウミガメの水中写真

奥武島 トライアングル(3本目/阿嘉島)

ダイビングログ
月日 2015年11月上旬
深度 最大20.0m/平均13.6m
気温/水温 28度/26度
透視度 30m
見た魚 スカシテンジクダイ、キンメモドキ、ミヤケテグリ、スナシャコ、ハナゴイ、キンギョハナダイ、ミナミハコフグの幼魚、シマウミヘビ

儀名(4本目/阿嘉島?座間味?)

慶良間諸島と言えばウミガメウミガメと言えば儀名!と言われるほどのウミガメポイントだそうです。

また、初めてカクレクマノミニモ)を見ることもできました。頑張って写真も撮ってみようとしましたが、凄く動き回るので初心者の私には難しかったです(^_^;)

ダイビングログ
月日 2015年11月上旬
深度 最大14.4m/平均10.4m
気温/水温 29度/26度
透視度 40m
見た魚 アオウミガメ、セジロクマノミ、カクレクマノミ、ニセアカホシカクレエビ

カクレクマノミ(ニモ)の画像

慶良間諸島の儀名で見たウミガメの画像

阿真ビーチ前(5本目/座間味)

ダイビングログ
月日 2015年11月上旬
深度 最大21.0m/平均11.0m
気温/水温 29度/25.8度
透視度 30m
見た魚 デバスズメダイ、ケラマハナダイ、ハチマキダテハゼ、ヨスジフエダイ、ノコギリダイ、スカシテンジクダイ

安慶名敷島(6本目/阿嘉島)

安慶名敷島=アゲナシクジマ

ダイビングログ
月日 2015年11月上旬
深度 最大20.4m/平均14.2m
気温/水温 29度/26度
透視度 20m
見た魚 ハナヒゲウツボ、ハダカハオコゼの幼魚、カクレクマノミ、ハナゴイ、キンギョハナダイ、イロブダイの幼魚、ネッタイスズメダイ、フタスジリュウキュウスズメダイ、サザナミフグ、ミスジリュウキュウスズメダイ

満天の星空!流れ星がよく見える

今回のダイビングでは慶良間諸島の阿嘉島に宿泊したのですが、海岸の明かりが少ない場所に行って空を見上げると、星空がとても綺麗でした。流れ星も頻繁に見えます。

以下の画像は、GoProのタイムラプス機能を使って撮った写真をGIFアニメにしたものです(少し見えにくいですが、流れ星も写っています。パソコンの方は画像をクリックすると拡大されます)。

慶良間諸島・阿嘉島の星空で見えた流れ星の写真

野生のケラマジカがいる

阿嘉島には、日本国指定の天然記念物に指定されている「ケラマジカ」がいます。10頭くらいの集団でいる場合もあれば、1匹で宿の近くを散歩している姿を見かけたり、親子でまったりしていたり、そこら中にいました。

ケラマジカの写真画像

慶良間諸島ダイビングのまとめ動画

最後に、6本のうち儀名を除く5本を1つにまとめた動画を貼り付けさせていただきます。編集段階であれもこれもと追加していると、とても長くなってしまいました(´-`)

この記事をシェアする

人魚の水中動画を撮影しました

コメントを書き込む

※メールアドレスとURLは任意入力です。メールアドレスは公開されませんが、URLはリンクが貼られます。なお、名前(ニックネーム可)とコメントは必須入力です。スパム対策のため、コメントは管理者の承認作業後に表示されます。

メインメニュー

ダイビングって?

ダイビングを始める

よくある質問

お役立ち情報や豆知識

ニューステラの期間限定キャンペーン「ダイビングショップのPR動画制作」の広告バナー

ページトップへ戻る